QRコードを管理画面から簡単に生成可能(無料)

生成したQRコードは管理画面から「印刷」「ダウンロード」「ソースコピー」ができますので、簡単にPC用ホームページ表示させることもできますし、名詞やパンフレットやカタログに載せることもできスマートフォンサイトの宣伝に最適です。QRコードの読み込みはアップルストアーから無料のQRコード認識アプリをダウンロードすれば簡単に自分のスマートフォンから読み取れるようになります。
QRコードからはスマートフォンサイトURL、電話、動画などに連動することがワンクリックで設定ができます。



QRコードとは?


  • 1次元バーコードに比べ、速いデコーディングが可能で大容量、高密度、エラー訂正を行うことができます。

QRコードの特徴
1 2DコードVSバーコード:より多くの量のデータを保存


既存のバーコードはデータ保存をx軸一方向でのみ行う反面、QRコードはy軸にも保存できるので多くの量のデータが保存できます。
2 小さなサイズにも出力:バーコードの10分の1水準


QRコードは横+縦の両方向でデータを表現しているため、バーコードと同じ情報量ならば10分の1程度のサイズで表示できます(より小さな空間で表現可能なマイクロQRコードも支援します)。
3 エラー復元率:最大30%まで


QRコードはエラー訂正機能を持っているため、コードの一部が汚れたり損傷があってもデータ復元が可能です。
データの復元はコードワード単位*1で最大約30%が復旧可能です。
1. 内部データを構成する単位でQRコードは8ビットから①コードワードです。
2. 汚れと損傷状況により復旧できない場合もあります。
4 360度どの方向からでも認識


位置を確認できるPosition detection Patternsがあるため、QRコードの方向を90度180度に転換した状態でも認識が可能です。
5 分割又は合体も可能


大容量のデータを分割してQRコードとして作ることができ、分割された情報を小さなQRコードに入れてから合わせて1つのQRコードを作ることも出来ます。